ブログBlog

Blog

046-834-1886

営業時間
火~木・日:
9:00~17:00
金:
14:00~20:00
土:
予約制

※金曜・日曜は骨盤のみ
※土曜は完全予約制となります

定休日

月曜・祝日

Home > ブログ > 骨盤調整で自然治癒力を活性化させよう ~薬で病気は治らない。病気は自分の力で治すもの~

骨盤調整

骨盤調整で自然治癒力を活性化させよう ~薬で病気は治らない。病気は自分の力で治すもの~

「自然治癒力」という言葉は良く聞く言葉ですが、それはどういう力の事を言うのかご存知ですか?

 

人間(正確には生き物)には、対外から侵入してくる細菌やウイルスなどと戦って撃退する能力と

傷んでしまった体の細胞を修復する能力が備わっています。

前者は「免疫力」といい、後者は「自己再生能力」と言ってこの二つを合わせて

「自然治癒力」と言われています。

 

この「自然治癒力」が活発に機能すれば、病気にかかりにくく、たとえ病気になったとしても

軽い症状で治癒することができます。

 

病気になった時、医師の診断を受けて薬を服用し、病気の症状が改善して快方しますが、

これは薬が体を治したのでしょうか?

実はそうではありません。

 

解熱剤、抗生物質、鎮痛剤、抗アレルギー剤、湿布薬などなど、処方される薬は、そのほぼ全てが

症状を和らげる効能が主で、傷ついた組織を修復する効能はありません。

 

つまり、薬はウイルスや細菌の増殖を抑えたり、異物を体外に排出することを促したり、

血管を拡張して血流を増やしたり、アレルギー反応を抑えたりして、体の持つ防御能力(免疫力)を手助けし、

症状が悪化するのを和らげているにすぎません。

 

病気は、免疫力や薬の効用で症状の進行を抑えながら、自己再生能力を最大限に活かすことで

ダメージを受けた体を修復し、初めて治癒します。

そして、この免疫力と自己再生能力(つまり「自然治癒力」)が活発に機能すればするほど

早期に病気が治癒します。

 

逆に言えば、「自然治癒力」が活発でなければ、薬を服用して症状を緩和することはできても、

傷ついた組織が再生されず、なかなか症状が完治しないということになります。

 

では、この「自然治癒力」はどうすれば活発に機能させることができるのでしょうか。

 

それは全身の細胞に新鮮な血液を送り届ける事で可能になります。

つまり、必要十分な栄養を体の隅々にまで送り届けることによって初めて「自然治癒力」を

活性化することができます。

 

当院の骨盤調整は、骨盤(仙腸関節)の歪みを正し、全身の骨格矯正を行うことで、

硬直した筋肉などに圧迫されていた神経や血管の血流を回復し、

体の隅々にまで新鮮な血液を送り込むことができるようになる、

すなわち「自然治癒力」を活性化することができる、という特徴があります。

 

継続して治療を受けることで「自然治癒力」が活性化し、腰痛などの辛い症状が改善するだけでなく、

病気になりにくい丈夫な体質にもなります。

 

薬は病気を治してくれるものではありません。

あくまで「病気は自分の力で治すもの」です。

骨盤調整で自らの持つ「自然治癒力」を活性化し、自分の力で健康な体を取り戻しましょう。

シェアするShare

ブログ一覧